なぜ、今回のイタリアの按腹図解セミナーがうまくいったのか。